台北の林森北路(リンセンペールー)と言えば、日本人の台湾の駐在員を中心に?、台湾人にも人気のスポットの内の一つです。

このエリアの中に、日本食をだす大衆居酒屋があります。 
その名も「麺太郎」です。
日本人がよく来るエリアで生き残っているこの麺太郎とは、一体どんなお店なのでしょうか? 
気になったので行ってみました。
入ってみて最初に感じたのが、結構繁盛していることです。
お店が続いているので、繁盛していない訳がないのですが、想像以上にお客さんがいました。
それも日本人だけではなく、台湾人のお客さんも多いです。感覚的に半々でしょうか。
私が滞在している時間帯は、ほぼ満席状態がずっと続いているくらい繁盛していました。

さて、肝心の料理はどんな感じかというと、
2014-11-11-23-33-16
初めて頼んだのが、こちら。
担々麺です。(メニューにはダンダン麺と書いてあります)
辛さは見た目よりも少し辛いくらいでしょうか。
ただその辛さが病み付きになります。
また、麺は日本で食べるような担々麺と比べて、ややもちもちとしており、これもまたおいしいです。
居酒屋風のお店に入って最初に頼んだものが担々麺というのもなんですが、これはこれで正解でした。

ちなみに、一緒に唐揚げと餃子も試してみましたが、おいしかったです。

また、次ぎにいったときには、
2014-11-16-23-22-59
普通の醤油ラーメンを頼んでみました。
これは、あっさりとしていて、ザ・醤油ラーメンという感じでした。
ただ、担々麺のインパクトには欠けますね。

飲み物はというと、台湾ビールの生ビールを始め、日本酒やその他割りと多種のお酒がおいてあります。
なので食事を食べるのもよし、締めのお店としてもよし、という感じですね。

お店の場所