空港でチェックインをする際、大きなスーツケースの場合は、チェックインカウンターで預けます。
その際に必ずシールを貼られます。
貼られたシールを残しておきたい人ならいいですが、それ以外の人にとってみると、このシールは邪魔者以外の何者でもありません。
そのくせすぐに剥がさないと、剥がしたときに粘着部分がスーツケースにこびりついて面倒なことになります。
そんなくせ者のシールを、後で剥がす際にも割りと綺麗に剥がせる方法があるのでご紹介します。
 
シールを綺麗に剥がす方法は、至って簡単です。
シールの部分に、髪を乾かす際に使用するドライヤーの熱風をしばらくあてるだけです。
それだけで、シールが綺麗に剥がしやすくなります。 

私はRIMOWAのスーツケースですが、これに貼られたシールは、約80度の熱で剥がしやすくなるそうです。
※他のスーツケースでは試したことがないので保証できませんが、もし手元に説明書があればそこに似たような方法が記載されているかもしれませんので、確認してみてください。