これまでJALのサクララウンジを中心に国内外のラウンジについていくつか紹介してきましたが、JALのマイレージクラブの上級会員になると様々なサービスが受けられ、その中の一つとしてラウンジサービスを利用することができます。
ANAや他の航空会社、航空会社のアライアンスのマイレージクラブの上級会員でも同様です。
ただ、普段から飛行機に乗るような方でないと、このような上級会員になることは非常にハードルが高く、ラウンジを利用するのは簡単ではありません。

では、上級会員でない人はラウンジの利用を諦めないといけないかというと、そんなことはありません。
上級会員でなくてもラウンジを利用できる方法があります。
 
代表的な方法は、
・航空会社のラウンジを有料で利用する。(JALサクララウンジ※国内線のみ) 
・カード会社のラウンジを利用する。
・プライオリティパスのラウンジを利用する。
といったものです。
この中で、今回はプライオリティパスのラウンジについてご紹介します。
 
プライオリティパスとは
まず、プライオリティパスはなにかということですが、このプライオリティパスというのは、
「世界中の空港の700を超えるラウンジを利用できる独立系空港VIPラウンジプログラム」
です。
日本語のWebサイトもあります。

JALのサクララウンジといった航空会社系のラウンジは利用できませんが、それ以外のラウンジのほとんどはこのプログラムで利用できます。
国によっては、CIPラウンジといったラウンジもありますが、それらのラウンジもこのプログラムで利用できます。
 
会員になるには
プライオリティパスの会員になるための申し込みは、Webサイト上から可能です。

申し込む上で、まず会員のタイプを検討します。(最初の画面で選択とありますが、実際に選択するのはこの後です。)
会員のタイプは
・スタンダード
・スタンダード・プラス
・プレステージ
の3タイプがあります。
スタンダードタイプは、年会費99ドルで、一回につき27ドルでラウンジが利用できます。(同伴者も27ドルで利用可能)
一つ上のスタンダード・プラスタイプは、年会費249ドルなので、一年間に6回以上(同伴者と一緒だと3回以上)利用しない場合は、スタンダードタイプで問題ないでしょう。

会員タイプを選択した後は、詳細情報を入力します。
この詳細情報の入力は英語です。
詳細情報の入力後、会員タイプを選択し、支払方法について入力して、最後に内容を確認します。
申し込みに必要な時間はそんなに長くはかからないでしょう。

会員カードの受け取りには時間がかかる
上記の申し込みが完了すると、入力した住所に会員カードが送られてきます。
住所によって、会員カードを受け取るまでの時間が異なるようです。
送り元が香港なので、日本からの申し込みだと時間がかからなそうですが、割りと時間がかかった記憶がありますので、ラウンジを利用する予定日から余裕を持って一ヶ月前には申し込むようにしましょう。

BlogPaint
会員カードはこのような包みに入って送られてきます。

BlogPaint
空けるとこんなものが。

BlogPaint
開くとこのようにカードが挟まっています。
プライオリティ感のあるカードです。

利用できるラウンジについて調べる
さて、実際に手元にカードが届いたら、あとはラウンジを利用するだけです。
ただ、利用する前にまず、どこにどんなラウンジがあるのかを調べる必要があります。

プライオリティパスで利用できるラウンジはアプリで調べられます。
私はiPhoneアプリを利用していますが、このアプリにより利用できるラウンジの情報が簡単に検索できます。
2015-07-01-23-59-56
メインメニューはこんな感じ。
Find Loungeでラウンジ情報が検索できます。
また、真ん中のDownloadを事前にすることで、ネットワークに接続しなくても検索できます。

2015-07-02-00-00-03
このような形で国名から絞り込み。

2015-07-02-00-00-58
ラウンジの情報は、英語ですがこのような形で確認できます。

ここまで、ざっとですがプライオリティパスについてご紹介しましたが、上級会員になるほど飛行機を利用しないけど、海外に行く時くらいはラウンジを利用したい、とお考えの方は会員になってみてはいかがでしょうか。